酸洗いに掛かる時間

酸洗いに掛かる時間の目安と時短のコツ

酸洗いは金属の表面を綺麗にしたりバリを取り除く洗浄方法の一つですが、溶かす作業はミクロン単位で行われるため1回の作業に数時間掛かってしまうこともあります。この時間を少しでも短くする上で有効となるのが酸の種類と濃度の選び方です。一口に酸と言ってもいくつかの種類に分かれていて、有機系や無機系といった落とす汚れによって相性が異なります。そのため、洗浄する金属に最適な酸を選択することで時間を短縮することが可能です。また、酸は濃度に比例する形で洗浄力が高まることから、短時間での作業を望む場合は濃度を調節するのも有効な手段と言えます。ただし、濃度に比例して人体への影響が大きくなっていくので、取り扱いには注意が必要です。

デメリットを減らすためのポイント

先ほど述べたように、酸の種類や濃度の調整で短くすることはできますが、時間の短縮には限りがあります。この酸洗いにおける大きなデメリットと言える時間を有効に活用する手段が大量処理です。酸は量を増やしても洗浄効果に大きな変化は起らないため、数多くの処理をしなくてはいけない場合は1回に洗浄する量を増やすことで結果的に作業効率が早くなります。また、一つ前に行うバリなどの精度を小さくするといった方法も有効です。酸洗いの行程は必ずしも人の手を必要とせず、オートメーションで行うこともできます。この行程に人員を配置しなければその分他の作業に回すことができるようになるので、時間の有効活用と製造ラインの実現が可能です。

金属製品のメッキ加工の一種であるリン酸処理は、濃淡の差はあるものの色合いにムラの無い灰色に仕上がるのが特徴です。派手な光沢は無いものの、シックで落ち着いた雰囲気を出すのに適しています。