酸洗いのメリット

すき間に生じたサビや溶接焼けも綺麗に除去できる

酸洗いを行うメリットは金属製品の品質を下げる様々な汚れを余さず除去できる点です。サビや溶接焼けはブラシでこすっても完全に取り除くことはできません。また、すき間に生じた汚れも手作業ではすべてを除去するのが難しい問題があります。その点、酸洗いなら汚れを溶解させて洗い流すことができるので綺麗な仕上がりになります。ネジや部品どうしの結合部分といった狭いすき間に生じた汚れでも隅々まで薬剤が浸透するので、金属製品に一切の汚れを残さないことが可能です。中でも溶接焼けは細かい凹凸のわずかなすき間に入り込んでいる汚れなので、酸洗い以外の方法では除去が困難です。そのため、金属製品の見栄えを良くするには酸洗いが最も適した方法と言えます。

皮膜を作って金属製品を保護できる

酸洗いのメリットは汚れの除去以外に皮膜の形成による金属製品の保護が挙げられます。酸洗い用の薬剤に皮膜を形成する成分を含ませることで、金属製品全体をコーティングすることが可能です。皮膜は油脂や薬剤を弾くので、汚れが付着しても軽く拭き取るだけで綺麗に除去することができます。また、サビを発生させる微小な傷が塞がれるのも皮膜を形成させるメリットの一つです。サビは金属製品の劣化に繋がるので、品質を保つには皮膜を形成させる酸洗いが不可欠になります。その一方で金属製品の形状によっては皮膜を綺麗に作ることができません。皮膜は均一な厚さで全面にわたって形成されていなければ意味が無いので、酸洗いを行う際は必要に応じて部品の着脱を行うなどの工夫が求められます。

金属の表面にはスケールという酸化被膜がついています。酸洗はこの酸化被膜を除去する工程であり、金属が腐食するのを防ぐことができます。