酸洗いの概要について

酸洗いとは?おこなう目的は?

「酸洗い」とは、酸で金属を洗って綺麗にする処理のことです。酸やアルカリ、溶剤などの化学薬品を使って汚れや汚染などを除去する方法を化学洗浄といいますが、酸洗いはその代表的なものです。金属を熱処理すると、その表面にはサビや酸化物が発生します。これらは、後の加工時に不具合を生む原因になるので取り除かなければなりません。そこで、硫酸や塩酸の溶液に金属を浸してこれらを取り除くのです。酸洗いは、金属表面を綺麗にする、メッキや塗装などの下地処理、加工の際に傷ついたステンレスの不動態皮膜(サビから金属を守る層)を再形成する、などの目的でおこなわれます。そのほか、加工処理中にできたバリ(素材の出っ張り)を除去する効果も、わずかながらあるそうです。

酸洗いの利点・注意点

酸洗いには大型の特別な機械などは要らないので、その分の場所をとる必要がありません。それから、酸洗いをおこなうと研磨作業など多くの過程を省略でき、その分の人手が掛からないので、経済的メリットも得られます。いっぽうで次のような注意点があります。ひとつは、扱う金属に合わせて酸の種類や配合比率などを正しく設定する必要があること。誤ると期待する効果が得られないばかりか、金属そのものを台無しにしてしまいます。ふたつめは、危険物の扱い方。硫酸や塩酸といった強酸性溶液は危険性が高く、その扱いには注意しなければいけません。さらに、廃液もまた強い酸性を持っているため、そのまま下水に流すことはできません。環境や人体に悪影響が出ないよう中和処理をしっかりおこなうことが求められます。また、処理中に有害なガスが発生することもあるため、換気設備などを設置することも必要です。